カテゴリ:狼少年??の回想( 6 )

消えたアマゴ・・・

 ある日の雨で増水した吉野川の支流の支流の源流釣行!
斜め角度から見たせいか、見た感じ25センチくらいに見えたアマゴが木の下の流れ終わりに浮いてた。
最近満足した釣りをしていたし、(初めて釣った尺アマゴの)キラーパターン#14で遊んでみようと・・・。
何度か流すが食おうともしない。定位はしている。
やっぱりフライがデカすぎるのか。
フィーディングレーンの事を思い出した。あるレーンのところ好んで食べる。
(ミッジングのライズの話だが・・・フライがデカイけど・・・)
「えーい鼻っ面に・・・」フライは上から流れてちょうど鼻の真上に・・・。
邪魔くさかったのか『バグッ』
(サケのルアー・フライでの釣りでよく目の前の邪魔者を排除しようとして食うとか釣れるとか・・・)
『やった!あれ!意外と大きい!』
ブッシュの下から引っ張り出しながらランディング!
あれれ!なんと!尺くらいある!サイズを測ると32センチ!(感覚って時々麻痺するよね)
さっそく証拠写真を・・・あれデジカメ忘れた!家で充電したままだった。
『そうだ!』車まで帰れば携帯のカメラがあることに気がついた。
『せっかくだし』・・・ちょうど林道沿いだし車まではさほど遠くない。
ネットが小さいが魚を水に浸して石で囲み携帯を取りに行くことに。
20分くらい歩き、車で釣った場所まで林道を走りさっそく谷に下りる。
さあ写真を撮るぞ!
『あれれのれ!いな~い!尺アマゴく~ん!』
がっくり・・・

一応、その辺の石の周りをさっぐてみるが・・・ダメ。
自力で逃げたのか?遠から一部始終を見ていたカラス・とんび・サギ・おサル・イタチ・その他の動物が持っていった・・・
・・・いろんな説が頭の中で・・・。
後からこの事を友人に言っても。。。。。
『証拠がないので釣った数に入れたらいかん』
と言われました。。。。。
でもこの年はフライの神様が与えてくれた 『10年目のアニバーサリー』 となり、大物を9匹もゲットとなりました。
a0116261_2311523.jpga0116261_23111796.jpg















a0116261_23113496.jpga0116261_23114694.jpg
[PR]
by ffdys123 | 2007-07-17 22:42 | 狼少年??の回想

どうしても食べたかった!!!

2006年四万十川の支流の支流の支流での釣行!
初めて訪れた小さな谷だったが魚影はあり楽しませてくれる!
ちょっとしたプールの巻きの所にキラーパターン(初めて尺を釣った)フライをキャスト!
グッドサイズの魚影がアタックしたきたが食い損ねる。 もう一度キャスト!また食い損ねる。
普通ならこれで終わりなんだけど・・・ダメもとで再びキャスト!あれ?また食い損ねる。 もう出ないよね。それでもキャスト!
あれあれ?また食い損ねる。

もう限界だよね。立ち位置を変えてキャスト!  『バグッ』   と食った!! 
こんなの初めてだ!!岩魚でも1回しか出ない時があるのに!
ランディング後、魚を確かめる。25センチの綺麗なアマゴでした!!


a0116261_197153.jpga0116261_1973253.jpg











この魚、フライを生まれて初めて見たのか?おいしそうに見えたのかな?
どうしても食べたかったのだろう!!
[PR]
by ffdys123 | 2006-06-16 16:48 | 狼少年??の回想

ビッグワン!ゴールデントラウト!

2005年夏の終わりだったかな?台風で増水した東部水系のある谷。ある日FY君との釣行。
マル秘ポイントとしてFY君に紹介した25cmオーバーの良型も釣れた渓だ。
これまたこの谷で一番の深いポイントに到着。いつも小さいサイズか釣れないかのどちらかのポイントだ!
大きな魚体が増水の流れ巻き向こうのゆるい場所にぷっかりと浮いている。魚体はなぜか黄色っぽく見えた。
(ゴールデントラウト!!) 尺は間違いなく超えている!!
F君はどうぞどうぞと譲ってくれた。
上から木が垂れ下がっていてサイドでキャスト!
フライはうまく落ちたが増水の強烈な流れにラインが取られてフライにドラッグが・・・
ビッグワンは一瞬フライを見に来てスーッと沈んで行った。残念↓
その後何回か訪れたがゴールデントラウトに出会える事はなかった。
この渓は何回も通ったが釣り人に出会うことはなかった。
気のせいかある日を境に餌釣りの方に遭遇するようになった。
桃源郷はどこかにあるはずだ・・・。

a0116261_2131581.jpg
                                    この渓の25cmのアマゴ


                
[PR]
by ffdys123 | 2005-09-30 00:00 | 狼少年??の回想

ビッグビックワン!!!

2005年の秋に東部水系の渓へ。この日は秋風は吹いてはないが朝晩は涼しい。
増水していたので川を変えながらワンポイントの移動釣りをしながら釣っていた。
上流部で釣った後、かなり平野の下流部でなんとなく魅力的な流れを発見。
しかしこんな時期にこんな所でアマゴが釣れるのだろうかと思いつつ土手からキャスティング!
やっぱり釣れないか。釣れてくるのはカワムツくん!
だめもとで#14ビートルフライをつなぐ。向こう岸の流れにフライを流すと・・・
『バグッ』『カツッ』デカイ!!

アマゴの上口先にフライが掛かったのが見える。普通なら抵抗するはずだが顔をあげたまま全然動こうとしない。
よく釣具屋さんに尺あまごの剥製かレプリカを飾っているがあれよりデカイ!!(後で見比べたのだが)40センチはあるように見えた。
『おまえわしに何さらしとるんじゃー!』と言わんばかりに『ギロッ』とこちらと見て目が合った!これホント!
次の瞬間・・・ 『ぷんっ』 ⇒フライがはずれちゃった!・・・・・しばらく放心状態。。。
なんとか気を取り直し 「こりゃ、下流部全域にはビッグワンがいっぱいいて凄いことになっているのでは!?」と思いFY君を誘った。
翌日最下流部から攻めることに!延々と攻めたがイダくんとカワムツくんばかりだった。
その翌年、数人のカナツキのおじさんが潜っていたのを目撃。やつは生きていてもやられたかな?
N川本流でサツキマス,本流アマゴを釣ったことがあるが最高でも30センチを少しオーバーのサイズだ!
別の渓の堰堤で36センチを見た事があったがやっぱり違っていた。(後で釣った人がいてサイズを聞いた。)
サイズは未確認だが自分が出会った中ではあのアマゴが一番でかかったな~。a0116261_11251661.jpga0116261_11253153.jpg




                            
                            
                                                                                       







        
★2008年秋に同じ場所で釣った赤みがかった25cmアマゴ
[PR]
by ffdys123 | 2005-09-20 17:00 | 狼少年??の回想

人を見透かすアマゴ

フライフィッシングを始めて3年位だったかな。
ある東部水系の山奥の山奥の谷。釣りあがった後、川を下って帰っていると・・・
最初にいなかった所に尺位のアマゴがゆらりと浮いて泳いでいる。
散々フライを流し通ったはずだが・・・。
慌ててロッドをセットしフライをつなぐ。
魚からやや斜めサイドに立ちフライを流すとまったくの無視!
その後しばらく泳いでいたが、やつはこちらを意識しながら悠然とゆっくりゆっくりと
こっちを見て奥の岩陰に隠れていきました・・・
ライズに夢中になっている魚さえ物影を感じるといなくなってしまうのに・・・
人を見るとすぐ逃げるはずのアマゴと思っていた中での出来事でした。
[PR]
by ffdys123 | 2001-07-01 00:00 | 狼少年??の回想

モンスター!?

いつだったがフライフィッシングを始めて間もない頃、川紹介の本にアマゴに混じり岩魚が釣れると紹介されていた。
岩魚がどの川に居るのか何も知らなくて初めての情報だった。
行ってみると少ないが27センチが釣れたり大きい岩魚がアタックしてきた。
養魚場付近は魚影は濃いがそれ以外はあまり釣れなく、林道へ上がるエスケイプポイントが1箇所くらいしかない。
帰りは4キロほど歩かなければならなっかた。それでも岩魚を求めて通うようになった。
ある日の釣行中、途中で雨が降り出し谷が濁ってきた。
雨宿りをしていて水面を覗いていると・・・ 錦鯉くらいの魚体がゆら~り ・・・でっかい!!
濁りで岩魚(滝太郎???)か虹鱒か何かは分からない。背中に斑点模様が見えた。虹鱒???でも白い斑点の様にも見えた。
クルージングをしだした!フライを投げてみたが緊張してうまくいかない!!
その後スーと見えなくなってしまった。残念↓↓
正体はなんだったのか思い出そうとしたが、短時間のことで興奮と緊張で斑点模様も思い出せない。
その後何回か訪れたが出会えることはなかった。
その何年もしてから発見したのだが、渓流釣り師のHPにトロフィー級の魚で虹鱒が紹介されていた。
多分同じ谷?!その魚だったかも・・・。
[PR]
by ffdys123 | 2001-06-01 00:00 | 狼少年??の回想