カテゴリ:桃源郷はどこだ!( 3 )

秋の大物を狙って!

 秋の大物を狙って春時期に釣った下流部を攻める!
夏場は全くだめでも、秋風が吹き始めたら標高の低い本流筋でもいける!
この地域は累計雨量が140ミリ位降っている。
到着後、渓を覗くと増水している。
a0116261_065863.jpg
a0116261_071076.jpg

釣りにならないメチャクチャ増水でなかったので良かった。
さっそくフライを流すが流れが複雑・・・セオリーの流れ筋ポイントでは全くアマゴは出なく、春のようにはいかない。
本日の一匹目が底からフライに気づいた様に出る!
a0116261_2359894.jpg
本日の一匹目!

何匹かが掛かったアマゴを追いかけて追ってきた。
アマゴは沈み石に付いて潜んでいる感じだが。。。
その内に・・・
a0116261_014447.jpg
a0116261_015291.jpg

a0116261_02279.jpg
a0116261_021074.jpg
前から見られる綺麗なタイプのアマゴ!
a0116261_024693.jpg
a0116261_025788.jpg
泡筋から!

a0116261_034676.jpg
a0116261_035856.jpg
瀬の中から出た25センチ!
a0116261_04984.jpg
a0116261_042270.jpg

a0116261_045348.jpg
a0116261_051249.jpg
アマゴは流れで泳いでいなくピンポイントでほとんど石に付いてます。

a0116261_06128.jpg
a0116261_061491.jpg
ちょっと変わったコンクリートのクボミから。。。

a0116261_0351336.jpg
漁協からの入渓口のキャッチアンドリリース区間の看板!⇒

後半はバラシまくり・・・『う~ん』 
赤く見えるアマゴも二匹ほど見られました。
最後ポイントから上がろうとしたら、ミミズを入れていた灰色の土砂が盛ってました・・・
餌釣りの方も勿論キャッチアンドリリースですよね!
自分はバーブレスフックなんだが、餌釣りの方もバーブレスフックでお願いします!
(リリース仕方説明[飲み込んだ時などの対応]の看板もいるかな・・・)



ランキングに参加しています。
ポチッと応援お願い致します↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by ffdys123 | 2009-09-29 23:50 | 桃源郷はどこだ!

ある意味楽園の渓へ!

 今日は masaさんある意味楽園の渓へ! (暑くなる前に決行!)
この渓は所々で土砂倒木で埋まっているのが残念だが、綺麗なアマゴが釣れる!
a0116261_21483167.jpg
a0116261_21461912.jpg
≪昨年の美しいアマゴです!今日はこんな魚に出会えたらいいな!≫

下流部は人が入りやすいと思われ、上流部は一応アクセスはできるる。
中流部は一番安全なルートでアプローチしても2時間はかかるが魚が、一番残ると思われる!
魚影は①下流部(かなり薄い)<②中流部(まずまず)<③上流部(けっこう)
サイズは③上流部(20センチ以下多)<②中流部(20~23がメイン、25センチクラスも)<①下流部(最大27センチ)!!

いろいろ考えたが②をチョイス!!
といっても下流部は3回位来たが、上・中流部は1回のみ来ただけで中流部を攻めるのは今日で2回目!

 今回は今後の時間短縮コースを確保する為に、masaさんにお願いして尾根を下るショートカットコースでアプローチ!!
masaさん・『30分位で着くのかな?・・・』
Y’s:『多分40分位の予想・・・』
いきなり滑りやすい地面に苦戦!その後は順調に尾根を下るがシダに阻まれる!
渓はそこまでだが崖が待っているように思われ、行く途中に見つけた渓方向の植林道まで尾根を戻り上がって再び降りる。
途中で『ミーミーミー』と春ゼミの泣声がしている!
『こりゃ暑くなるかも・・・』

山中をあっちこっちと、さ迷いながら・・・汗だぐだぐでやっとのことで谷底に到着!!
もうアプローチから1時間半位?以上は時間が経過!!
渓に降りたのでmasaさんはもう釣る気でいたが・・・
Y’s:『渓沿いの植林道を探し出しまだ下って歩きますよ!!大物ポイントがあるので・・・』
masaさん:『ええっ!・・・鬼軍曹の肩書きはもう君にあげるよ!!』

小さな尾根を上がって道を見つける。
Y’s:『500メートルは下りますが・・・』⇒人間の記憶っていうのは曖昧なもんで、これがだいぶ距離があった・・・。
masaさん:『まだかな?・・・』
Y’s:『多分もうすぐ・・・道が荒れているので歩幅が小さいしジグザグに進むので、500メートルが1キロ以上に感じるので!
今の時点で多分まだ200メートルくらい・・・?・・・』
masaさんは渓でプチ遭難した時などに『多分この上の道がある・・・』と言って、さ迷うらしい。
一緒に行った釣友からはメイビーmasaと呼ばれているらしい⇒メイビーmaybe⇒(訳)「多分・・・」
masaさん・『メイビーの肩書きもあげる・・・!』
もらってしまいました!!【2代目メイビー鬼軍曹Y’s!!】

 2時間以上かかってやっとの事でスタート!
(結局前回の植林道アプローチと同じ時間くらいかかってしまった・・・)
さっそくmasaさんに小型アマゴがヒット!!
Y’sにも・・・一安心!
『しかしアブラハヤが多いなあ!』
a0116261_2341261.jpg
a0116261_23143726.jpg
a0116261_2355584.jpg

水中には尺オーバーのかなりデカイウグイも何匹か発見!!
『アマゴだったらな~』と二人共に思った!
釣れたら引きが楽しいかも?
一応ウグイの頭上にフライを流してみるが・・・。
渇水ぎみ+暑さのせいか絶好の大きめのプールではアマゴは浮いていなく、流れ込みや瀬状の所で釣れて来た!
その後、masaさんは20センチオーバーを二匹掛ける。
バレテ『なんで?』っと悔しがる。
a0116261_2313479.jpg
a0116261_2314447.jpg
a0116261_23141984.jpg
a0116261_23151695.jpg
a0116261_23153031.jpg
a0116261_23155367.jpg
僕には24センチがヒット!
・・・その後18~20~23センチのアマゴが釣れてきた!
・・・「それにしてもプレシャーの掛かっていないアマゴはゆっくり食うなあ!」 
普段の渓のアマゴと比べたら拍子抜けです。

この渓のアマゴは全部尾びれがV字で綺麗だ!
masaさんにも22~23センチが釣れ『君に逢いにきたんだよ~!』と言ってくれました!
a0116261_23165422.jpg
a0116261_2317119.jpg
a0116261_2317241.jpg

良い渓だが・・・ただ渓までのアプローチに難が・・・この渓はミシュラン評価で★いくつ?
a0116261_23191865.jpg
a0116261_23194277.jpg
a0116261_2320594.jpg

a0116261_23202499.jpg
最終ポイントを攻めるmasaさん!!
a0116261_2320508.jpg
車に着いた頃にはもうすっかり日も暮れて茜空に!
釣り人も渓も悪条件の中、お疲れでした!
これにこりずにまたお願いします!   
(おわり)



ランキングに参加しています。
ポチッと応援お願い致します↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by ffdys123 | 2009-05-10 21:01 | 桃源郷はどこだ!

いざ!桃源郷へ!

 2日前、桃源郷調査の源流釣行の待ち合わせ時間を masaさん とメールのやり取りした。
『y’sさん、待ち合わせ時間希望は?』
⇒堰堤釣行で反省し時間にゆとりを持って源流に望もうと思い 『6時!』
⇒『せめて6時半!』
⇒・・・これは事情で泣きが入ったか?
うーん間を取って 『7時!』で決定!

 今日、masaさんの住んでいるマンションへ初めて迎えに向かう!
すると見えてきたのが目新しい高層マンション!
『おおっ!メールにはマンションって書いてたなー!これか?』
『y’sさん、おはよう!』・・・違うマンションでした。(ちょっと期待しました)
『最近忙しいのですかね?待ち合わせ希望6時は早すぎましたかね?』
『近くて早く目的地に着くし、あまり早く行ってもしょうがないし!』とさらっと・・・
『えっ』全然≪ 鬼(軍曹) の目にも涙≫ではなかった・・・。⇒ 【南国土佐のフライフィッシング2008年4月自衛隊訓練の渓へ】

 目的地はmasaさんがIさんと10年以上前に、グッドサイズを爆釣したという渓の源流へ!
途中までしか釣ってないらしい。
『源流部もすごいのでは?』と、気になっていたらしい。
鬼(軍曹)なのに一人では・・・(⇒一番は一人では危険!!)という事で10年以上を経て調査決行!
途中と思われる区間に到着後、さっそく渓への降り口を探す。
しかしなんせ10年以上前の記憶が便り・・・
結局、大藪を潜り沢を垂直降下!
『こんな思いをしたんだから、アマゴちゃん答えてね!!』
a0116261_059680.jpg
a0116261_0591975.jpg
渓へ降りたが魚の気配なし・・・とりあえず釣り上がる。
するとmasaさんに待望の魚の反応が・・・『アマゴ!!いる!!』

a0116261_118066.jpg
続けてy’sがやるが、一級ポイントなのに全く魚の反応無し!
『うーん期待しすぎたか?』
しばらく釣り上がると・・・
a0116261_18681.jpg
来ました!グッドアマゴ君!
『桃源郷バンザイ!』
しばらくアマゴ殿と戯れる。。。


進んで行くと釣り上がれない・・・高巻きだ~!
a0116261_134775.jpg
a0116261_1494130.jpg
倒木に捕まり斜面を大きく巻くと大きな釜が・・・
しかもライズ発見!

a0116261_153744.jpg
チャレンジャーmasaさんがやってみる・・・

a0116261_1532772.jpg
またまた大石に上がり木の根っこツルを捕まり高巻き後、
ここぞという場所でも・・・『しーん』
a0116261_204684.jpg
a0116261_21198.jpg
また釣り上がるがいっこうに釣果は上がらない。
その内なにやら長~い黒い物が・・・
民家の水源確保のホースが走っている。
それと森林鉄道の跡??レールが??
とりあえずここを下れば楽に帰れそう!
だがこの渓には人が入るってことだ!
=”桃源郷#って事じゃない=・・・『がーん』


a0116261_2194449.jpg
a0116261_2195953.jpg
だんだん荒れてきたか?!
そうこうしているうちにmasaさんにアマゴが2匹!

a0116261_2365281.jpg
a0116261_2262374.jpg
y’sにも2匹!

1匹は良型!今日は全てバラシなくストライク!!
a0116261_2432093.jpg
a0116261_243356.jpg
a0116261_2435397.jpg
こんな滝が現れ・・・攻めるmasaさん!・・・しかし沈黙。。。
a0116261_239820.jpg
a0116261_2392668.jpg
a0116261_2394533.jpg

お昼も過ぎもう全くアマゴはいない様子!
『10年位前は凄かったのですかね~?』と。。。
先程の道を使って山を降りるが、道は途中から小さな谷をどんどん上向き方向へ。
一番上の集落へたどり着く。
そこからくねくね道を車まで・・・『遠い!!』
お昼ごはんを食べながら、地図を見て午後からの計画をねる!
近場に気になっていた渓があったので行くことに・・・

 午後からの第1部スタート!
Iさんの情報ではアマゴはいるとの事!
とりあえず安心して望む!
a0116261_2223943.jpg
a0116261_22233994.jpg
しかし、入渓口の様子はハヤくんの予感も・・・
『ぴーぴーぴー』と渓の真ん中の石上でカワガラスの幼鳥!
逃げない(巣立ちしたばかりでまだ飛べない?)ので、すばやくパチリ!

a0116261_22352453.jpg
a0116261_22354855.jpg
やってみるが二人の顔が曇ってきた・・・
道の上から渓を覗くと、どでかい大石をかんで大物もいそうな雰囲気だったんだが・・・
やっとy’sにおチビさんアマゴが『ピチッ!』
続けて『ピチッ!』と出ただけ・・・
masaさんはおチビさんアマゴゲット!
a0116261_22445074.jpg
a0116261_22451337.jpg
たいした事ないポイントを一応やった後・・・フライを回収する。
いかにも居そうなポイントに移動しようとしたら、20センチくらいのが食ってきていた。。。
『あらら』。。。
雰囲気は普通に居そうなんですが・・・撃沈状態でした。

 
 なんとまだ午後からの第2部スタート!
本流でイブニング大物を狙う!
a0116261_2337394.jpg
だが川には人がいっぱい立っているのが見える・・・
とりあえずライズポイントの川様子を見に行く!
するとライズしている!
masaさんの知り合いのフライマンが三人来ている。
一人の方が挑戦!
『パクっ!』 
見事にヒット!
『おおっ!ぱちぱちぱち!』 
25センチ位?と思われる魚体が動くのが見えた。
・・・がブレイク『残念!』

夕刻の時間が迫ってきたので、別のポイントに移動!
流れに立ち込み、二人共にウエットで狙ってみた。
masaさんはハヤくんをゲット!
y’sには『ココンッ』と(たぶん)ハヤくん当たりだけ。
もうあたりは暗くなり・・・
『もう足が冷たくて限界!!』で終了~!

 帰りにうどんを食べながら・・・
『あの渓は・・・次回はあそこ、あそこも』と、また桃源郷へ行く約束をする!!
眼光が「キラッ!!」 
またやる気満々だ~!!
(おしまい)


ランキングに参加しています。
ポチッとお願い致します↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by ffdys123 | 2009-04-05 23:43 | 桃源郷はどこだ!