毒流しのあった谷へ”釣”査に!

 四万十川流域の町が地元で、いつも髪を切っている理容室の人が話してくれた谷で、過去に毒流しがあったらしいとの事である。
その後、魚影が確認されていないらしいので知人と”釣”査に!居る谷も聞いてあるので坊主はないと・・・。
その谷は過去に下流部を少し釣っただけで、途中に堰堤があり覆水になっていて「だめだ」と思い帰ってきた。

途中下流部をパスして、9時半くらいに釣りスタート!
小さいがアマゴがほどほどに釣れてきた。
a0116261_2381179.jpg
a0116261_2382694.jpg
a0116261_239369.jpg
a0116261_239317.jpg
でもなんか記憶のある景色だ・・・と思ったら
堰堤が現れて・・・『あれ?過去に釣った事のある区間ではないか!』
・・・”釣”査の時間ロスであった!・・・
a0116261_2330319.jpg

 覆水をやっとパスし、お昼前からやっと毒流しのあった谷を”釣”査開始!
やっぱり全然釣れないしアマゴの姿も見えない・・・アブラハヤは釣れたが・・・。
お昼にして腹ごしらえをして再びチャレンジ!
しばらく釣りあがったが・・・『う~ん・・・だめだね・・・』


a0116261_23162330.jpg
谷を下り戻っているとこんなものが落ちていた!
フライリールと思われるが・・・
『過去にやっぱりアマゴがいたのか?それとも釣査に?』


a0116261_2346510.jpg
時間もないのでもう一つの谷へ!
途中から小さなアマゴが釣れて来た!
釣り上がっていくと前方を塞ぐ滝の落ち込みが現れた!
a0116261_23544654.jpg

見るとライズ発見!さっそくフライを流す。 
『ぱくっ!』 『ぐぐぐ!』  23センチの良型でした!
a0116261_23225357.jpg
a0116261_23232160.jpg
a0116261_23233544.jpg

 滝横に高巻き様のロープを発見!
『こんな奥に・・・という事はこの滝上が楽園なのか?』 
期待が高まる!
大きく高巻きしていると、大きな滝壺と良さそうな流れがかなり下に見えた。
大物がいそうだが、ロープでもないと無理そう!
『この上が楽園!楽園!』と頑張って巻いて谷へ降りる。
『うーん、水がちょっと少ないかな?』
a0116261_0102222.jpg
a0116261_2324775.jpg
さっそく釣り上がってみたが・・・・小さいのがぽつぽつ・・・
『この奥が!この奥が!楽園だ!』と突き進む!
小さいのはいるが・・・楽園ではなかった・・・。
ラストに居そうな所を知人がやってみるが・・・『しーん』 
『過去はきっと凄かったと・・・』

あまり使われてなさそうな植林道をゆっくり帰りましたが・・・
行きと帰りは大違い!足取りも重い!
『まだかまだか?!遠い!』 
やっと車に到着!

『滝高巻き横の壺が気になるな~!』 
『しかし、滝まで遠いしな・・・植林道も崩落しているし・・・』
(おわり)


ランキングに参加しています。
ポチッとお願い致します↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
[PR]
by ffdys123 | 2009-04-30 22:07 | 四万十川水系
<< やったね!(胸騒ぎの午後の渓) 気になっていた渓へ! >>